読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

R.E.P

Perfumeに特化した音楽ブログ/音楽に特化したPerfumeブログ

第18回 Perfume、Ultra Korea出演!!

f:id:t_kito:20130412175712j:plain

f:id:t_kito:20130412175724j:plain

http://www.umfkorea.com/

凄い凄い!! このニュース、近年の活動でも特にインパクト大でした。実は当初、Perfume出演を知らずにこのフェスのサイトを見ていたため、Perfume(LIVE)」の表記に「!!!!!」でした。

でも「Ultra Korea」の字面だけ見ると「え? また韓国のイベント出るんだ? へー」くらいで済まされる可能性があるため、どういう意義があるのか、僭越ながらブログに書こうという所存です。

◆「Ultra Korea」って凄いの?
まず、これを主催する「Ultra」について。Ultraは96年に設立された音楽レーベルで、ニューヨーク、トロント、ロサンゼルス、ロンドンにオフィスがあります。ダンス・ミュージックに特化したリリースを行い、先日のグラミー賞「Best Dance/Electronica Album」部門でノミネートされた5作品中3作がUltraの作品です。

Ultra からリリースしているのはDeadmau5TiëstoDavid GuettaKaskadeSteve Aokiなど、〈EDM〉というキーワードで括られる、そして世界的なダンス・ミュージックのシーンを牽引している人たち。そしてこのEDMというワードが、欧米のメインストリーム・ポップスに大きな影響を与えているわけです。Ultraがいまの音楽市場に及ぼす影響は、決して小さくありません。

そのUltraの主催するフェスが「Ultra Music Festival」(以下、UMF)です。

f:id:t_kito:20130412181439j:plain

↑どう考えても人多すぎ

UMFはヨーロッパや北南米など、世界各国(日本を除く)で開催されており、マイアミでの公演には20万人を動員するそうです。
このUMFが、2012年に初めて韓国でも開催され、8万人を動員したとのこと(日本からはcapsuleも参加)。そして2013年の「Ultra Korea」に、いよいよPerfumeが乗り込みます。

 ◆「Ultra Korea」出演の意義
これは単に「韓国のフェスに出演する」だけではありません。AfrojackやKaskade、AviciiにCarl Coxといった、世界のトップDJ/クリエイターと同じ舞台に上がるのです。その点で、Perfumeがいままでに出演してきたどんなフェスとも違います。いわゆる〈EDM系〉でもない(けど多少流れを汲んではいる)Perfumeにとっては久々の完全他流試合であり、パフォーマンスの地力が試されるでしょう。

SUMMER SONIC 2012」でPerfumeがPitbullやKe$ha、Rihannaと同じステージに立ったのも、〈今様のダンス・ポップのあり方〉を比較対照する機会として非常に楽しめましたが、「Ultra Korea」はそれともまったく違います。また〈完全にダンス・ミュージック志向の観客〉を相手にライヴを行うのも、Perfume史上初めてでしょう。 このステージでPerfumeチームが何を見せてくれるか、楽しみです!(普通に「P.T.Aのコーナー」とかブチ込んできそうでスリリングですが)

◆Ultra Koreaの先に
UMFになぜPerfumeが呼ばれたのかは、よくわかりません。でも、昨年capsuleケン・イシイ氏が出演したり、今年も☆Taku Takahashi氏、大沢伸一氏が出演することを考えると、「韓国だけでなく、アジア圏のダンス・ミュージックを活性化する」目的も窺えます。

そして、世界各地のUMFは繋がっているわけで、もしUltraスタッフがPerfumeのパフォーマンスを気に入ったら、 次はマイアミのUMFに……とかいう可能性もゼロじゃありません。さらに言えば、Afrojackが「君たちの曲をリミックスさせてくれないか?」とか、 Kaskadeが「こんどいっしょに曲を作ろうぜ!」とか言ってくるかもしれません(まぁないか)。

Perfumeのパフォーマンスは、 言語のギャップを越えるノン・ヴァーバルな魅力と独創性が持ち味であり、それは欧米の市場に繋がりうる初めてのアプローチともいえる「Ultra Korea」でもきっと通用するはずです。え、当然私は現地で見届けますよ! ソウル観光もしたいし!

 

……とか書いていたら、Perfume WORLD TOUR 2ndも発表されましたね。7月3日のケルン、5日のロンドン、7日のパリ。6月14日のUltra Koreaを前哨戦として、ヨーロッパツアーへ。その行程には綺麗に一本の線が引かれていると感じます。

私はこんな展開を待ち望んでいましたよ。

◆蛇足
Ultra Korea、「ダンス・ミュージックにはちっとも興味ないけど、Perfumeだけ観たいから行く!!」という方にとっては、「会場の雰囲気や楽曲・観客のノリが割としんどいかもしれない」こともお伝えしたいですね。

そして来られる方は、めいっぱい楽しみましょう!!