読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

R.E.P

Perfumeに特化した音楽ブログ/音楽に特化したPerfumeブログ

第16回 Perfume WORLD TOUR 1st at AX-KOREA

◆AX-KOREA

さてシンガポール公演も終わったことですし、ネタバレのレポート行きます。書きたいことかなりありますよ。あ、3500文字くらいあります。

f:id:t_kito:20121117182228j:plain

◆開演前の演出

客席の状況は前回書いたとおり。あまり大きくないステージの中央には巨大なディスプレイが鎮座し、グローバルコンピ『LOVE THE WORLD』のジャケットみたいなメンバー3人のドット絵と、Perfume WORLD TOUR 1st〉の文字が表示されています。

開演時間が迫るなか、突如そのディスプレイに映し出されるPerfume Global Site Projectの作品たち。オープン化されたダンスのモーションキャプチャー・データ&ヤスタカ製のトラックを使い、各地のクリエイターが制作したオリジナルのモーショングラフィックスです。これとかこれとかこれ、10種類くらいが連続で流れていく。

そして最後の作品を映しながら画面がズームアウトしていくと、大量の作品がその上下左右にぎっしり並んでいるのがわかります。モザイク画のように整然と並べられた膨大な作品たちは、ズームアウトに伴い無数のドット模様になり、それがメンバー3人のドット絵になっていく……あっこれはGlobal Siteオープン時のコンセプトだ!!(※Global Siteに関するツイートが増えると、メンバーのドット絵が徐々に完成していく仕組みだった)

で、その後はミニマル・ダブ~フィジェット・ハウスなBGMがしばらく続き、いよいよ場内が暗転すると、いつになく物凄い歓声。

◆The Opening

心臓の鼓動のようなビートが鳴らされる薄暗いステージに、メンバー3人が登場。ステージ上のディスプレイには3人の顔が大写しされ、ロボ声で「Welcome to Perfume World」と告げる。そして舞台の中央では、3人がお互いに向き合う正三角形にスタンバイ。はて、こんな始まりの曲あったか?と、ほんの一呼吸置いた瞬間、ステージが眩い白光に包まれ、ラウドなベースが鳴り響く!Perfume Global Site」のトラック(曲名がわからない)です。

ライヴでの披露はアジア・ツアーが初めて(先日の東京デザイナーズウィークでのライゾマティクスのインスタレーションで、映像だけは公開されていたが)。そしてディスプレイには、先ほど観たGlobal Site Projectの作品が次々と、3人のダンスとシンクロして流れ始める!

これは単に〈ファンが作った映像をバックにメンバーが踊る〉だけじゃないはず。その作品ひとつひとつが、各国(アジア中心か)のクリエイターが何らかの想いを込めて作ったものなわけで、それは〈ファンの声援〉の具現化の一種ともいえます。そしてその映像をオープニングの演出に組み込み、しかも3人のパフォーマンスと完璧に同期させること。

それは各国のファンの期待・声援を受けたワールド・ツアーならではの〈象徴的な演出〉なのかもしれないし、優れたクリエイターへリスペクトを表する〈クリエイティヴ・チームとしてのステートメント〉とも受け取れます。

大抵ライヴはオープニングに力を入れるものだけど、今回はひいき目抜きでも〈ワールドツアーのオープニング〉として申し分ないのでは? この時点ですでに「来た甲斐があった!」と感じたものです。

 

◆セットリスト

韓国公演のセットリストは以下の通り。

1. Perfume Global Siteのトラック

2. NIGHT FLIGHT

3. コンピューターシティ

4. エレクトロ・ワールド

MC

5. レーザービーム(Album-Mix)

6. Spending all my time

7. Love the World

8. Butterfly

9. edge ⊿-mix

10. シークレットシークレット

11. Dream Fighter

P.T.A.のコーナー

12. FAKE IT

13. ねえ

14. チョコレイト・ディスコ

15. ポリリズム

アンコール

16. Spring of Life

17. 心のスポーツ

 

今回のセットリストは、途中で休むところの少ないスピーディーな構成。そして各パートの位置づけが明確でした。

【Part1 : Global Siteのトラック~NIGHT FLIGHT】

ワールドツアーを象徴するようなオープニングから「NIGHT FLIGHT」。「NF」はそれこそ〈フライト・旅〉がテーマで、これもワールドツアーに相応しい曲と言えるでしょう(やや無理矢理?)

 

【Part2 : コンピューターシティ~エレクトロ・ワールド】

続けての2曲は、ライヴでの人気曲というだけでなく、Perfumeサウンドが現行の路線へと至る分岐点(というか原点)を感じさせる並びです。この後長いMCタイムを挟み、モードチェンジ。

 

【Part3 : レーザービーム~Spending all my time】

ルーツ的な2曲から一転、現在進行形のPerfumeサウンドへ。「コンピューターシティ」「エレクトロ・ワールド」が発表されたのは2006年ですから、6年を一息に飛び越えたわけです。そしてこの流れで聴く「Spendin all my time」が抜群に良い! 発表当初は賛否両論でしたが、セットリストにこの1曲が入るだけでポップ・ミュージックのグローバルなトレンド(つまりEDM)との同時代性が生じるし、他とは異質な音色がより引き立ちます。これがあるとないとでは全体の印象が結構変わるのでは? いやーお見事でしたね!

 

【Part4 : Love the WorldDream Fighter

ここからは『LOVE THE WORLD』パート。もう二度と観ることはないと思っていた「Butterfly」(ショートヴァージョンだったけど)や「edge ⊿-mix」が観られたのは嬉しかったです! ただ「edge」は到底ライヴハウス公演とは思えない贅沢な演出で、思わず〈コスト大丈夫か?〉と案じてしまいました。(もちろん赤字を出さないようにやるのが鉄則なのですが)

Dream Fighter」も、ワールドツアーでふたたび楽曲の(というか詞の)意味が復活したように感じます。むしろここで聴くまでは「この曲をずっとやるのも何だかなー」と思ってました。

 

【Part5 : FAKE IT~ポリリズム】

この辺は『JPN』ツアーでの流れとほぼ同じでしたね。鉄壁のアゲ展開です。それにしても韓国のお客さんの盛り上がりは熱かった。

 

【アンコール : Spring of Life~心のスポーツ】

ユニバーサル移籍に至る経緯やその背景、心境を語るMC(スクリーンに現地語の訳が表示される)から、正式な世界進出第1弾シングル「Spring of Life」へという至極まっとうな展開。そしてラストは…『JPN』ツアーでもラストを飾った「心のスポーツ」!

これ、ずっと書こうと思っていたんですが、なぜ毎回ライヴの締めが、あの他愛もないラブソングなのか?というところ。まーそんなに意図はないと思うんですけど、結局あの曲は、Perfumeはアイドル・ユニットである」というスタート地点に立ち返るものなのかな?という気がします。

だからアイドル宣言じゃないですけど、やっぱりPerfumeも最初はああいう可愛らしい曲が大好きで、憧れて、だから自分たちも歌いたくて始めたユニットだったのでは? それが周囲のオトナ(※主にヤスタカ)によってどんどん違う路線を進まされて、訳が分からないまま歯を食いしばって、がむしゃらにやってきたはずです。だから3人がライヴの最後であの曲を〈歌う〉ことは、意識的にせよ無意識にせよ、意味があるんだろうと思います。当然本人たちだけじゃなくて、観ている人たちにとっても。

 

◆余談

とかいって綺麗にはまとめません。シンガポール公演のライヴ・ヴューイングも観たんですが、ちょいちょい映る観客席最前列…えっ日本人ばっかじゃん!!

観てると、なぜか自分が恥ずかしいんですよ! いや、「とにかく近くで3人を観たい、とかいう理由で行くのはいかがなもの」とか、「最前列は現地の人に譲ってあげよう」とか、小学校の学級会みたいなことは申しませんよ。でも、Perfumeがどこでライヴやっても、あなた方が最前列で雁首揃えてて、それで誰が喜ぶの?

そして現地のファンが、そういうファナティックな日本人の振る舞いをどう見ているか、最低限の想像力を働かせたうえで、「いや、それでも自分は前の方に行きたい!むしろ行く必要がある!」と思うなら何も言いませ……ってここまで書いて気付いたけど、そういう人たちは絶対にこんなブログ読んでない!!!!!