読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

R.E.P

Perfumeに特化した音楽ブログ/音楽に特化したPerfumeブログ

第7回 「Perfume 沖縄ライヴレポート」

Perfume

Perfume初の沖縄ワンマンライヴが終了しました。今回は〈打ち上げ公演〉という位置づけで、新旧の楽曲を取り混ぜた、一夜限りのパーティーという印象です。

セットリストは各所で出ているので、ここでは私が見た限りでレポートいたします。なお、今回はいつもの〈考察〉〈総括〉などは完全に無視して、マニアの偏った視点で行きます。

 

◆今日の名場面・珍場面

・最初のMC、テンションの上がったかしゆかが謎のダンスを披露

・のっち「昨日はあらゆるチャンプルーを食べました。そうめんやゴーヤ、あと辛子菜も。知ってる?あれ空芯菜のことだって」客「(ざわめく)」の「違うの?辛子菜と空芯菜は別のもの?」あ~ちゃんが舞台袖から戻ってきて「さっきまで(ノリが)仕上がってたのに、戻ってきたらふわふわになっとる!」その後、のっちが大声を出して「準備できました!」と無理矢理成立させる(ライムスター宇多丸さんの常套手段)

・あ「みんなリゾート気分。MIKIKO先生は大きな帽子を被って〈マダム〉って感じ」客「(MIKIKO先生の姿を探す)」の「見ないであげて!プライベートだから」あ「仕事よ!あんたさっきから適当に喋っとるでしょ」

・のっち「私は昨日沖縄入りしました。海ぶどうが食べたくて。海ぶぼうが」かしゆか「一回言えてたのに」

・「ポリリズム」のポリループ終わり、あ~ちゃんが珍しく口を全開にして歓喜の表情

・あ~ちゃん「私たちにも、結婚式で歌ってもらえる曲(『時の針』)ができました。メンバーの結婚式でも歌いたいです!」と言ってなぜか「Butterfly」と「Can you celebrate?」を歌いだす。

・ちなみにPTAコーナーでは「Body & Soul」も歌い切った

・あ「野外のライヴは憧れでした。東京の日比谷野音にスペアザさんを観に行って、あんなオシャレなのを、外で立って見る!!

・あ~ちゃん本編ラストの「MY COLOR」で涙。「今回のツアーで、ここ(沖縄)までやれたことがすごく自信になりました。でもそれが全部涙になった」

・「心のスポーツ」、曲終わりであ~ちゃんがポジショニングを間違えてひとり遠くへ。のっちが全身で招きよせる。あ~ちゃん、満面の笑顔でのっちに抱き着く。のっちご満悦。

・「(派手に打ちあがる花火を見たあ~ちゃん)あの花火、ひとついくらするん…」 

 

◆今日の気になった発言:あ~ちゃん編

「今日のライヴは今後のためのイメージとして、冒険として考えています」

「今回のツアー、途中で新しい目標も見つかりました。もう収穫!!」

Perfumeにはやっぱりサプライズ。すでにいろいろ動いています。絶対無理じゃろう、ということに挑戦したい」

「アミューズの大里会長に〈君たちは平成のキャンディーズになれ〉と言われました。なれるようにがんばります。もうかつ丼2杯は食べさせられない」※⊿ツアー大阪でのかつ丼2杯事件より

 

◆今日の気になった点

・ファンが群れて目立とうとするのはあまりかっこよくないような

・みんながそこらじゅうで挨拶&○○さんあっちにいたよー!とか、場内がオフ会会場みたいになってた

・遠征客が前がかりすぎて、地元のお客さんにはどう映ったのか…

・少し前にあ~ちゃんはMIKIKO先生を「MIKIKOさん」と呼んでいたけど、今日はまた「先生」に戻っていた

 

◆追記

・1曲目、BGMのフェードアウトからいきなり「GLITTER(Album-mix)」!青い照明に照らされて登場した3人の衣装は、神戸初日だけで使用されたものと思われる

・「ねぇ」の〈信号が青に変われば あとはこの先に待ってるのは 広い海〉という歌詞が、海沿いの会場によくマッチ

・あ「今日は悔いを残したくない!私たちと共に全国を回ってきた皆さんにも、今日はやりきってもらいます!」

・ひさしぶりの「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」。イントロで観客のフリがかなり揃っていて、あ~ちゃん「古い曲なのに!」と感激

・花火が終わっても、感動で立ち上がれないあ~ちゃん。Tシャツで涙を拭うところにすぐのっちが駆け寄って「あー、涙で(Tシャツが)…」。甲斐甲斐しい